スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

拍手コメント返信6

こんな著者のこれまでのねじれた人生経験を窺い知るようなブログですけれども
そんな野良犬のような薄汚れた僕にさえも拍手コメントをしてくださることにより
手を差し伸べる方もおられるのです おられるのです
そんなあなたの優しい指でシャンプーされたい… 芸をおぼえたい… 愚直な犬になりたい…
もうすこしだけ人を信じて生きていけそうです
簡単ではありますがあらためて返信してみます ありがとうございます
無駄な雑記つきです 続きから読めます


● 雑記とか ●

日本全国寒い感じですね
世界樹も2の舞台もなんや寒いところとかいう噂ではないですか しかも
パスワードでなにかしら世界樹1の人たちが2へ行けるかもとかそういう噂ではないですか
今現在パスワードをゲットしたギルドメンバーたちは
来たるべく雪国への旅に備えて そして来たるべくエトリア居残り組への別れにも備えて
暖炉の利いた長鳴鶏の部屋にでもおるんでしょうか フムフム



パチン パチン

暖炉は赤々と部屋のすみで光ります
木のはぜる音はしんとした二人の間を踊るのです
窓はとうに真っ白に曇ってこの2月の夜の黒を柔らかくします

「ほんとうに21日になったら行っちゃうんだ」
ぼそりとつぶやくように尋ねるのはカス子さんです
その小さな体をぶかぶかのローブですっぽりと包むさまは
相変わらずといったところでしょうが いつもはかろうじて見える表情すらも見えないほどに
ローブに包み込まれているのはどうしてなのでしょう

そんな言葉を受けて手に持ったパスワード番号の紙を
ヒョイと掲げて笑うのはレン男君です
彼はハイラガード組 来たる新しい旅に胸を躍らせます
「さみしくなるけど…」とだけ伝えると弓の手入れに戻ります

かといってもうとうに弓のどこにも手入れをする部位なんてありはしないのです
二人の間にあるのは別れまでに残された時間と 沈黙でした

沈黙というものは破られるためにあります
だがカス子さんが搾り出すように発してそれを破った言葉は
レン男君ををただただ困らせるものでした
内心はそう それが 嬉しくないわけがないことであろうとも
今までのどの呪言よりも締め付けるそれに 今 甘んじるわけにはいけません
新しい冒険が待っておるのです
ああですけれども でも でも
脳を渦巻く思考回路は迷宮の深部よりも複雑でした
二人の間にそれでもある沈黙、そして木のはぜる音
木のはぜる、音、音

そのときレン男君は彼女の カス子さんのその甘い呪言に
十二分に捕らえられてしまっていたことを知ります
木のはぜる、音、音

迂闊でした 知らぬ間にくべられていた木により
部屋の温度は上がりすぎなくらいに上がっておりました
二人の体温がどれくらい関与しているかなんてわかりません

ただ白かっただけの窓は結露とともに解けて夜の闇に染まります
そして なによりもそこにある温度は彼の額を僅かに汗で湿らせます
厚手のローブを纏う彼女にだってこの温度は例外ではありません

動けぬままのレン男君にするすると足音を立てて近づくのはカス子さんです
部屋の中の沈黙と彼女の支配勢力は覆されてゆきます
吐く息の音が聴こえるほどに彼に近づいた彼女は
その白い肌を姫林檎のような赤で染めたまま
「あたしだってアクトファーストくらい使えるんだよ…これが最初で最後だけど」
とだけつぶやくと
全てを そう この上がりすぎた温度のせいにして 彼の背中ごしに
その 厚手のローブをするりと甘くたくしあげ
(省略されました。全てを読むには「ヴィズルヴィズル」と念じてください)

ごめんなさいもうしません

● 拍手コメント返信 ●

■ソドくんとケミちゃんの変態さんっぷりに僕の血が疼きました。ブシ子に斬られたいそんな冬…。■

ひしめきチェイスファイア10へのコメントです。ありがとうございます。
いつもはこっそりとおとなしい二人の変態さが爆発してしまった回ですね
思いますに普段おとなしい人ほど爆発したときにすごいというこのタメ打ちにも似た感じは
往々にしてありますよね 血が疼いていただけたようで光栄の至りであります

ブシ子に斬られたいそんな冬… ああ分かる気がします
分かってしまってはいけないような気もしますけれども
愛する者に傷つけられたいという願望は古来から我々に宿った感情として存在し
現代でも依然として神々しく僕らの胸にあるはずです
傷はいつか癒えるものもあります…
しかしながら傷つけられたという事実はどうしようと消えません
消えない事実というもの、その事実そのものが
愛する者との消えることのない繋がりになるという…
そういう具合でしょうか あまり深く掘り進むと刑事事件に発展しそうなので
このあたりにしておきますが まあとにかく言いたいこととしては
女子からちょっかいかけられるとたまりませんなぁということでございます、かしこ

2008.02.05 | 拍手コメント返信

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

ねばつく液体

Author:ねばつく液体
手慰みに描いた
「世界樹の迷宮」マンガ置場

ねばつくツイッター

TWITTER

FC2カウンター

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。